ブラックがあるとクレジットカードは作れないのか

任意整理とか自己破産などの債務整理をした場合、もうクレジットカードは2度と作れないのでしょうか。
2度と作れないということはありませんが、カード会社によっては難しくなることもあります。

なぜかといいますと、債務整理の対象となったクレジットカードは、社内ブラックになっている可能性が高いため、申込んでもなかなか審査に通らないということがあります。



また債務整理を行った場合、その人の信用情報にブラックが登録され、これが登録されている間は、審査に通るのは難しくなります。

信用情報には消費者金融系、信販系、そして銀行系の3つの種類があります。

このうち消費者金融系と信販系は、どのような債務整理方法であっても、5年が過ぎればブラックが消えます。



ただし自己破産をした場合、銀行系の信用情報にはブラックが10年間登録されますので、自己破産の場合、10年間は銀行系のクレジットカードは持てないと考えてください。

また、中には審査基準の緩いカードもあり、もしブラックが登録されていても、きちんと収入があるのなら審査に通ることもあります。

特に流通系などでは、ブラックでも作れるということもありますので、海外に行くなどでクレジットカードが必要な時には便利です。



ただし債務整理をしたということは、期日までに返済ができなかったということでもあり、クレジットカードを作ることで、また同じ失敗をしないとは言えませんので、その点を念頭に置いて申込むようにしましょう。