賃貸の家賃はクレジットカードで支払える?

賃貸の家賃は、基本的にはクレジットカードで支払うことができません。
その理由は、クレジットカードのシステムにあります。
クレジット決済をしても、一括払い、2回払い、ボーナス払いでは利用者は手数料を支払うことがありませんが、それではクレジット会社はどこから利益を得ているの?という疑問が生じます。
実は、クレジット会社はショップから手数料をもらっているのです。
賃貸マンションなどを借りた時、家賃をクレジット決済にしてしまうと、大家さんはクレジット会社に対して手数料を支払わなければなりません。



手数料はだいたい5%前後と考えておけばよいでしょう。
家賃が10万円ならば、大家さんは5千円もの損をすることになります。

それでは、家賃に手数料を上乗せしてしまえばよいと考えるかもしれません。

家賃を10万円から10万5千円にあげるのです。しかしそれでは、入居者が損をしてしまいます。
それならば、クレジット決済に対応していないマンションのほうがよいと考えるでしょう。



クレジットカードを利用すれば、およそ1.0%のポイントがつきます。

家賃が10万円ならば、1年間で120万円となるので、およそ1万2千円の得です。

しかし、現状としては、手数料がそれ以上にかかるので、大家さんにとっても、入居者にとっても、あまりメリットがありません。



今後クレジット決済が普及して、家賃をクレジットカードで支払うのがあたりまえになっていく可能性はあります。
仲介手数料などの初期費用については、クレジット決済ができる不動産会社も多いです。