クレジットカードの現金化とは何か

クレジットカードの利用方法に現金化と呼ばれるものがあり、お金に困った人が利用するものですが、カード会社の規約違反なので利用は避けるべきものです。


クレジットカードには買い物に使用するショッピング枠と借金に使用するキャッシング枠の2つがあります。

このキャッシング枠は総量規制の対象となるため、年収の3分の1までしか利用することができず、収入がパートやアルバイトでは少額しか借金できません。
ショッピング枠についても収入によって限度額が決められますが、総量規制の対象外になるためキャッシングとは別に利用できます。

この性質を利用してショッピング枠で換金性の高い商品を購入して売却し、現金を得るという手法がクレジットカードの現金化です。



この利用方法は商品の売却の際に原価割れするため、金利にすると利息制限法の法定金利を超える高い金利でお金を借りていることになり、返済の負担が大きくなるためカード会社は規約として禁止し、警戒しています。



換金性の高い商品として金券類がありますが、この影響でクレジットカード払いができないことが多くなっています。



カードが使える商品券もありますが、不自然な金額を頻繁に利用すると現金化を疑われ、強制解約や更新の拒否になる危険性もあるので注意しましょう。

また、クレジットカードの現金化を行っている業者もありますが、規約違反の行為を行わせる悪質な業者なので信用性がありません。
低い換金率にしたり、換金率は問題なくても名簿業者に個人情報を流されるなどの危険性があるので、利用しない方が良いでしょう。