クレジットカードを利用した場合の返済について

クレジットカードを利用した場合には、利用金額の分が後日指定の銀行口座から引き落とされることになります。
そのため期日までに利用した金額の分以上の残高を口座に入金している必要がありますが、一括払いを行わずに分割支払いを指定した場合には、利用金額を返済回数で割った金額が引き落とされることになります。

ここで注意したいのが金利分の支払いについてです。

基本的に一回払いでは無金利であり、分割払いでは金利手数料が発生します。そのためにクレジットカード利用料金の最もお得な支払い方は一括払いということになります。

しかし、ブランド商品の購入や車検代金など利用料金が高額となった場合には、分割で支払うことも月々の残高を管理するという観点で良い方法です。



例えば20万円を10回に分割した場合については月々の支払額は2万円に金利手数料をプラスした分で済むということになります。

口座の残高の状況や今後の収入の見込みに合わせて支払い方法を選択すると良いでしょう。



また、クレジットカードの支払い方法には「リボルビング払い」というタイプの分割払いもあります。

この仕組みは1ヶ月に支払う金額の上限をあらかじめ設定しておくことで、大きな金額の利用を行っても基本的に1ヶ月あたりの支払金額が変化しないという大きなメリットがあります。
一方で、金利分の支払いが増えることになりますので、利用に関しては約款を詳しく確認しておくことをおすすめします。

資金に余裕のある時には増額払いをして、返済期間を短縮することも可能です。