クレジットカードの利用停止時の対処法

クレジットカードの限度額を超えてしまった場合、支払いが滞っている場合には、利用することが出来なくなってしまう可能性があります。
限度額を超えてしまった事が原因で、クレジットカードを利用することが出来なくなった場合には、支払日が数日であればそのまま数日我慢するという方法がありますが、支払日まで時間があるという場合には、繰り上げ返済を行なうという方法があります。



繰り上げ返済は支払日よりも前に支払いをするということを指しますが、カード会社に連絡をすることで、手続きを行なうことが出来ます。
連絡をすると、振込口座が知らされますので、指定された口座に振込をすると、その分だけ利用することが出来るようになります。
ただし、繰り上げ返済を行った場合には、手数料が必要となりますので、あまり頻繁には行わないほうが良いでしょう。

支払いが遅れてしまったことで、クレジットカードを利用することが出来なくなったという場合には、とりあえず未払い分の支払いをする必要があります。



多くの場合は、カード会社から督促がありますので、その指示に従うようにしましょう。



繰り上げ返済を行う場合と同様に、振込手数料が必要となったり、返済が遅れたことにより、遅延損害金が発生し、支払う必要がある場合もあります。

また、返済が遅れたということは信用情報機関に登録されますので、クレジットカードを作ったり、ローンの申し込みをする時に不利になってしまう可能性があります。