プリペイドカードとクレジットカード

日本では、クレジットカードよりもプリペイドカードの方が安心感があると思っている人が多いです。海外ではクレジットカード払いが主流ですが、日本人は借金に対して大きな罪の意識を感じるせいか、プリペイドカードを利用する人の割合が多めです。
プリペイドカードはカード会社が提携しているコンビニなどで現金を渡し、その現金分だけ金額をチャージしてもらう方法で使うものです。
クレジットカードは先に利用して、カード会社にいったん借金をしてから、1ヶ月に1度決まった日に支払いを行います。



プリペイドは先に払っておくので借金をしている感じがなく、クレジットは後払いなので借金をしているという感覚が大きいのが違います。



「クレジットカードだと上限がよくわからなくて使いすぎてしまう」という不安を抱えている人も多いですが、そういう場合は後で支払う分のお金を封筒にいれて、用意しておくと安心です。



原始的な方法ですが、支払用のお金を用意しておけば、万が一使いすぎてしまった時でも、生活費を削らなければならないという事態に陥らずに済みます。
プリペイドカードは先に払っておけるという安心感はありますが、いちいち現金でチャージするのが面倒ということもあります。

ネットの銀行で提携して自動的にチャージできる場合もありますが、これだとチャージされるまでに時間がかかったり、新たに銀行口座を作らなければならなかったり、などの手間がかかることがあします。